さすらう隠居人の日記

旅、俳句、映画、ゴルフなど

ラグビー早明戦とユーミン

毎年12月の第1日曜日は早明戦である。

関東大学ラグビー対抗戦グループの最終戦であるとともに、今年の早稲田のように優勝の可能性がなくても、伝統の一戦としての愉しみがあり、毎年テレビ観戦している。

今日は、ほぼ明治ペースの試合展開であったが、終わってみれば17-7で勝つことができた。早稲田は守備のラインが崩れず、タックルがしっかり決まり、地力に勝る明治に対し、数少ないチャンスを生かしながら守り切った見ごたえのある試合であった。

f:id:sasurau64:20211205170703j:plain

逆転トライ後(サンスポより)

今日は、1年生No8の佐藤の突進力に目を見張った。今後の活躍を期待したい。

大学選手権では準々決勝で再度同じ対戦が観られると思うが、今から楽しみである。

話は変わるが、8年前、2013年12月1日の国立競技場最後の試合となった早明戦の終了後、松任谷由実さんが両校の選手、OBにオマージュを捧げるため、正隆さんの伴奏で、自身の曲「ノーサイド」を歌った。両校の選手はノーサイド後であり、混じり合って感動に浸りながら聴き、国立競技場の観客は帰ることなく、何万人もの人の涙腺が弛んだことであろう。

f:id:sasurau64:20211205172203j:plain

松任谷由実さんと選手、国立競技場の観客(スポニチより)

私の子供もその数年前には対抗戦グループで戦っており、骨折により試合に出られなかったことなどを思い出しながら、感慨深く聴いていた。

その後も毎年、ラグビー早明戦の終了後には、「ユーミン ノーサイド 国立」で検索し、2013年12月1日の松任谷由実さんの「ノーサイド」をYouTubeで映像とともに聴き、感動に震えている。今年もそうである。